レイクALSAの審査に落ちても再審査ある?

レイクALSAのキャッシングの良いところは簡単に借り入れることができ好きな時にATMから返済できるので審査時間が短く利用することができます。

しかし、カードローンはとても便利な一方で住宅ローンなどの大きなローン組めなくなることが心配されます。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円を返済していくローンですから借り入れる人は金銭的に安定していることが必須となります。

ですから、カードローンを利用中の人は慢性的な金欠状態と判断され事前審査すら通過しない可能性が大きいです。

完済していてもローンカードを持っているだけで審査に不利になりますから住宅ローンを組むことになった場合、カードローンは解約しておいたほうが無難です。

最近の消費者金融業界は法律改正効果やCM効果によって年々、ブラック企業というイメージは払拭されつつあります。

就職先としての人気も上々のようなので消費者金融業界の仕事内容や労働条件を紹介しましょう。

審査時間の長さについて紹介すると、まず債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済が遅延している人に対し電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職に際して取得しておくべき資格はありませんが責任者に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得する必要があります。

年収についてですが大卒の初任給で20から30万円程度でとされておりノルマ達成するなど成果を上げればボーナスという形で評価されます。

カードローンの仕組みを知っていますか?カードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲内であれば借り入れや返済を自由に行うことができるキャッシングローンです。

毎月決まった日時の借入残高に対して利息が計算されて毎月の返済日に必ず引き落としされる約定返済という返済方法が基本となります。

引き落される金額は借入残高によってランク分けされて決まっておりその金額内で利子を差し引いた後の金額が元本の返済に充てられるということです。

そのため、利息の計算日までにできるだけ元本を少なくしておくことが利子を減らす有効な方法となります。

ローンの返済には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり多くの収入があったときなどにまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

消費者金融と言うと堅気じゃないと思われがちで暗い、怖いというイメージを持つ人が多いです。

バブル崩壊期してまもなく、怖い人の取り立てや深夜早朝問わず自宅へ押しかけるといった乱暴な取り立てが横行していました。

現在は法律が改正されたことにより銀行傘下に入る企業が多くなりブラック企業の面影はなくなっていると言えるでしょう。

最近では、テレビのコマーシャルに好感度のタレントを起用したり借金を匂わせない内容でイメージアップを狙っています。

しかし一方でイメージ戦略に偏りすぎてしまっているCMも多く何のコマーシャルなのか全く分からないという不満の声もあがっています。

カードローンの申込方法はいくつかあり一般的には、電話やインターネット、郵送などで申し込むことができます。

郵送の場合は、店舗や電話にて申込書をもらい必要事項を記入した後に返送して審査結果を待ちます。

審査に通過し必要資料のコピーを同封して送れば手続きが行われて、カードが郵送されてきます。

ちなみに、ネット経由の申し込みではサイトに設置されている申込フォームに入力して送信するだけです。

審査が通過した旨のメールが届いたらメールに記載されているサイトへアクセスして必要書類をカメラで撮影してアップするというweb完結が主流です。

金融機関で高評価を得る要素は金利が安い、審査時間が早いなどがあげられます。

しかし、レイクALSAの場合、総量規制が影響しているのでサービス内容で個性が出しにくく限度額に関しても借り手の経済力が左右するため、人気の要因ではないと思われます。

人気ランキング上位を見る限りどの消費者金融も審査時間は最短30分、融資されるまで最短60分、最大金利は18.0%程度なので大きな差はありません。

そのようなことよりも、簡単に手続きが完了するかということや自動契約機があることや提携ATMが多いことのほうが評価されるポイントになっています。

又、テレビなどのCMに起用されているタレントさんのイメージやCMから伝わる企業イメージというのも大きく影響しています。

レイクALSAのキャッシングの金利というと銀行カードローンよりも高金利になっていることが多いです。

レイクALSAのキャッシングの金利は3.0%から18.0%程度なのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので明らかに低金利なことが分かります。

レイクALSAの最大貸出限度額は500から800万円となっていることが多いのですが銀行カードローンは800から1 200万円と高額です。

(一部の銀行を除く)反面、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないなどの制約がありますがレイクALSAのキャッシングは事業用資金に使用を認められていることが多いです。

又、銀行の場合は同行に口座を開設するなどといった条件が付く場合がありますがレイクALSAの場合は預金機能がないので、そのような条件を課せられることはありません。

引用:レイクアルサ即日融資・即日振込が可能?レイクアルサ即日審査【スマホ対応】

近頃の消費者金融というと好感度の高いタレントをCMに起用するなどクリーンなイメージがあると思いますが一昔前は、サラ金や街金と言われちょっと怖い業種でした。

その頃はバブル経済で金銭感覚がマヒした人たちが多く簡単にお金を貸してくれるサラ金や街金で借金を繰り返していました。

借りたお金は利息をつけて返さなければならないのですが簡単に借金する人に返済能力があるわけがありません。

一方で、貸した側のサラ金や街金は返済してもらわないと損益が出ますからウシジマくんさながらかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

現在は怖い人たちによる乱暴な取り立て行為は法律で禁止されていますので以前のように反社会的集団的と思われる人が自宅に押しかけてきて取り立てるということはありませんのでご安心ください。

お金を融資してもらうことができる金融機関には銀行以外だと消費者金融やクレジットカード等があります。

以前は銀行からお金を借りるには複雑な手続きが必要となるため融資までに時間を要しましたが最近では銀行でもカードローンが取り扱われるようになったので、比較的短時間で借りられるようになりました。

金融機関というのは利子を付けて返済してもらう事で利益を獲得しています。

レイクALSAの金利と銀行金利を比較してみるとレイクALSAの金利の方が高ことが一般的です。

しかし、中には消費者金融よりも金利が高い銀行カードローンもありますからまんざらレイクALSAのほうが高金利とは言えません。

レイクALSAのキャッシングと銀行カードローンは似て非なるものです。

それぞれ、メリットデメリットがありますので比較してみましょう。

レイクALSAのメリットはずばり審査時間が早いといったことなどがありますが銀行カードローンと比較した場合金利が高いことや、借入限度額が低いというデメリットもあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法と法律が異なっており貸金業法には総量規制という制限がかけられています。

これは、借り過ぎに歯止めをかけるために制定された規制で年収の三分の一を超える借り入れができないとされるものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保があるローンは除外されカードローンやキャッシングのように、無担保のローンにだけ適用されます。

各消費者金融業者の借入れの条件や詳細なデータはネットにまとめられているランキングサイトを見れば一覧することが可能です。

消費者金融ごとにまとめて掲載しているサイトもありますし、一覧表で見やすくしてくれているランキングサイトもあります。

個々の消費者金融についてのお勧めポイントを掲載してくれているサイトもあるので消費者金融に詳しくなくても、簡単に比較することができますので非常に便利です。

更にランキングサイトには公式サイトへのリンクを貼っていることがほとんどなので比較後、すぐに利用申し込みの手続きをすることもできます。

又、ランキングサイトには、審査に申し込む時の記入方法や審査に通るためのコツやポイントを紹介しているサイトもあります。

レイクALSAのメリットは銀行に比べてお金が借りやすくほんの数年前までは、簡単な手続きで融資を受けることが可能でした。

その頃は、今のように法整備が確立していなかったため現在の規定よりも高い金利で借り入れていた人がいたようです。

これが、最近テレビなどでよく耳にする過払い金というもので現在の規定で計算し、多く支払い過ぎた金利を意味します。

過払い金は取り戻すことができるのですが、払い戻しには請求期限があります。

完済日から10年経過すると時効となり請求権を失効してしまいますので心当たりがある人は過払い金の請求に強い弁護士さんに相談してみることをおすすめします。

いくつもの消費者金融から借金をしている人は多重債務者と言って金融業界からはブラックリストに入れられている可能性があります。

冠婚葬祭が重なってしまったなど予定外の出費が重なると、次の給料日まで生活費が足りないということがあると思います。

そんな時の強い味方がカードローンです!レイクALSAならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人もいらないので審査時間が短く借り入れることができます。

一度カードローンを利用すると簡単に現金を手にすることができるので預金を引き出す感覚で、どんどんお金を借りてしまう人もたくさんいます。

そのような借り入れ方だと、あっというまに限度額に達してしまうため他の金融業者に掛け持ちすることになりますから注意して下さい。

レイクALSAのキャッシングの審査は割と通りやすいため審査に落ちる人には、必ず何か理由があると思います。

まず、過去に自己破産をした人や返済が滞った事がある人はブラックリストに入ってしまっている可能性があります。

消費者金融には貸金業法に基づいた総量規制があり年収の1/3を超える借り入れはNGという規則に抵触している可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円が限度額ということですが、すでに50万円の借金がある場合は新規では50万円が限度額ということになるのです。

又、複数から借り入れがある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも審査が厳しくなるのは言うまでもありません。

消費者金融には貸金業と言う法律があり銀行を規制している銀行法とは違う法律の適用を受けています。

金融業において貸金業法と銀行法の一番大きな違いは貸金業法には総量規制という融資金額のリミットが設けられていることです。

総量規制は年収の1/3を超える融資を禁止するものでこの規制によって、利用者の借り過ぎを抑止する効果を目的としています。

そのため、無収入の専業主婦などの人たちは消費者金融に申し込んでも仮審査の段階で落とされてしまいます。

その一方で、銀行は銀行法によって規制されているため総量規制がありません。

専業主婦の方でも利用することができます。