無担保型のリフォームローンをご存知ですか?

他のローンと比べると手軽といえるリフォームローンの無担保型とは担保を用意しなくても良いリフォームローンです。

保証人や土地建物などの担保が不要なので手軽に利用可能なリフォームローンです。

反面、高金利であったり、借入期間が短いことや、限度額の低さなど担保型に比較してデメリットを感じる部分も多くあります。

故に無担型ローンが適しているという場面は規模が小さいリフォームになります。

持ち家で、少額のリフォームということになれば割と余裕がある人のリフォームと判断されることが多く比較的審査に通りやすいようです。

アルヒのリフォームローンは 申込資格には、満20歳以上65歳未満と規定されています。

融資の金額は50万円以上1000万円以内とされており、返済回数も1年(12回)から35年(420回)と住宅ローン並みに長期です。

アルヒの契約には連帯保証人が必要になるほか、借入の合計金額が500万円超となる場合は抵当権も設定され、任意で団信保険付プランを選択することもできます。

利率は変動金利型となっており、4月1日、10月1日の年に2回の長期プライムレートを、3か月後の口座振替から適用となります。

諸費用・リフォームローン及びフリーダムプラスにはAプラン、Bプランの2種類があり、各プランごとに基準金利と事務手数料が設定されています。

リフォームローンの一体型とはどのようなものなのか?簡単にいうと住宅ローンとセットになったローンです。

中古住宅を購入してリノベーションするなら一体型ローンがお勧めです。

住宅ローンと比較するとリフォームローンのほうが金利が高いので一体型であればリフォーム費用も低い金利で借入できるというメリットがあります。

但し、気を付けなければいけない点もいくつかあります。

それは事前審査においてリフォームの見積書が求められたり、工事請負契約書の提出が求められることがあります。

ですから、物件探しと同時にリフォーム業者を探して、見積もりを作成してもらうという準備も必要になります。

お気の毒にもリフォームローンに落ちたという方はその理由や原因をしっかりと分析する必要があります。

まず、落ちた理由として考えられることは借入を希望する金額が多かったのかもしれません。

勤続年数や雇用形態に問題があった可能性もあります。

仮にマイカーローンの返済中であったり、キャッシングしている額が多いといったカードローンの利用状況というのも実は大きな要因となるのです。

これらのローンをきちんと返済することが審査に受かる第一歩となります。

口コミで評判の高いアプラスのリフォームローンはリフォームプランという商品名で提供されています。

申込条件には、20歳以上かつ65歳未満の安定収入がある人で融資可能額は10万円以上300万円以内、返済回数は最長84回(7年)とライトなローンになっています。

金利についてですが、アプラスの金利は短期融資のため7.20%から14.40%とやや高めの設定になっています。

オンラインで申し込みが可能なことや担保や保証人が不要ですので、小規模なリフォームにはおすすめです。

シミュレーションも詳細な条件を設定できますので、興味のある方は、HPをご覧になってみてください。

リフォームローンの金利というものは金融機関ごとに異なります。

低い金利になると1%台からありますが、高金利になると15%に近い金融機関もあります。

金利体系は2種類あり変動と固定の2種の金利体系があります。

変動金利のメリットには金利が低いことが挙げられますが、景気の変動に応じて金利が変わるリスクがあります。

一方、固定金利は完済まで金利は変わらない安心感はありますが、元々の金利が高いというデメリットや相場が下がっても高い金利維持し続けて返済を続けるリスクもあります。

リフォームローンによって受けることができる控除には所得税の控除が可能です。

申告することによってその年の所得税からリフォーム工事費の10%(限度額あり)が還付されるというものです。

対象となるリフォーム内容と限度額については条件があり指定されています。

三世代同居や省エネ、耐震工事の場合は25万円、バリアフリー工事は20万円と決められています。

共用する控除の要件には自分が所有して住まうことや所得が3000万円以下でなければならないなどが上げられます。

楽天のリフォームローンの特徴の1つとしてフラット35(リフォーム一体型)というものがあります。

住宅の購入資金+リフォームの工事資金を合わせひとつのローンでまとめて融資が受けられるといった商品です。

2016年10月からは新たな商品である【フラット35】リノベが販売開始になりました。

【フラット35(リフォーム一体型)】との違いは何かと言うと5年または10年間の金利が0.6%引き下げが受けられます。

気を付けなければいけないこととして、工事前に適合している基準は対象とならないことやフラット35Sと併用することはできません。

リフォームローンの口コミで気を付ける点として、評価が高い金融業者が良いとは限りません。

低金利なローンには借りたいという人が集中しますので審査基準が厳しいという傾向にあります。

審査が厳しいが故に多くの人が審査落ちし怒り心頭状態で悪い口コミを書いてしまうということは珍しくありません。

そのため、口コミの身を信じてローンを選んでしまうと自分に最適の商品を見落としてしまうかもしれません。

特に金融関係の口コミの場合、口コミの件数だけではなくどうしてその評価を下したのかという理由まで見る必要があるのです。

リフォームローン金利比較を行う際は評判の良い比較サイトを利用すると良いでしょう。

比較サイトなら複数の金融機関が掲載されていますし、借入れ条件が一目見てわかります。

比較検討したい金利や借入限度額など条件に応じて並び替えができるのも便利です。

比較サイトによってはリンクが貼ってありますのでわざわざ検索する手間が省けます。

最近はネット銀行が増えてきたので来店せずとも銀行へ行かずに利用できるローンが増えています。

引用:http://リフォームローン.skr.jp/

リフォームローン減税というものをご存知ですか?リフォームローン減税は住宅ローンを利用しリフォームを行った際に対象となる減税制度のことです。

減税の対象となるリフォーム工事についてですが何でも減税の対象になるというわけではなくいくつか条件が設けられています。

リフォーム内容は耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などに限られ100万円を超える場合に適用されます。

申請を行う人物についても要件があり工事完了から6ヶ月以内に本人が居住することや、年収3000万円以下で返済期間が10年以上など細かく条件が定められています。

減税は自己申告制なので入居した翌年に確定申告をしなければいけません。

手軽に申請できると評判のオリコのリフォームローンについて紹介します。

オリコのリフォームローンはWebリフォームローン仮受付がかなり便利です。

わざわざ金融機関に行くこともなくパソコンから手軽に申し込みができ最短2日という速さで審査結果が送られてきます。

オリコのリフォームローンは固定金利が適用されるのですが、保証人、担保、保証料など一切不要というメリットがあります。

オリコのリフォームローンは、改修工事やリフォームに限らずソーラーシステムの設置工事などにも利用できます。

リフォームローンを申込時の注意点として、仮受付の申し込みにはオリコとの提携販売会社やリフォーム会社との契約が必要となり、販売店コードまたはIDを入力しなければいけませんのでご留意ください。

リフォームローンのシミュレーションというものは金融機関のHPで試算することができます。

検索窓に「リフォーム シミュレーション」と入力し検索するだけで数多くヒットするので希望のサイトへアクセスします。

借入希望額や返済期間、ボーナス時の返済額などを入力すると月々の返済額が即座に算出されるので、ローンを組む前のシミュレーションにもってこいです。

個人情報の登録などは一切ないのでローンを組もうとしていることばばれてしまうのではという不安を抱く心配はありません。

返済額の計算は複雑で素人では難解ですから折角の機能を存分に使わせてもらいましょう。

リフォームローンの頭金はいくらくらいなのか、それは施工する業者によって様々です。

工事に取り掛かる前に頭金が必要になる業者や工事完了後に全額一括支払いでという施工業者もいます。

料金についても業者によってかなり違ってきますので、複数の業者からあいみつを撮ったほうがいいです。

通常、頭金の金額は工事費用の1割から2割程度が一般的ですが、最初に勝手に見積もりを出し資材費を請求してくるような業者もいます。

後で費用の追加請求などをされないためには事前に契約内容を必ず確認して、契約締結前に代金を請求するような業者を選んでいけません。

低金利でリフォームローンを借りるには担保型のローン一択です。

リフォームローンには担保形と無担保型があり借入期間や借入可能額のほか、金利相場などに違いがあります。

無担保型の場合借入期間は最長10年から15年で借入れ可能な上限金額は500から1000万円ですが、担保型であれば期間は最長35年、上限金額は1000万円から1億円と桁違いの融資を受けることができます。

金利に関してですが、長期借入の方が期間が長い分低金利になりますので無担保型の約2から5%に対して担保型は約1から2%と低金利になります。

その上、貸付金利タイプでも差があって固定金利と変動金利を比べた場合変動金利の方が低金利になります。