カジノはギャンブル性が非常に高いため、多くの収益性とそれに伴う税収入の増収が見込まれるため、全国で誘致合戦が繰り広げています。

ルーレットやブラックジャック、ゲームマシンやダイスゲームなど一般的に販売されているおもちゃの一種として国民に定着している遊びを取り入れた賭博です。特にトランプやゲーム機を使ったカジノは、家庭やパチンコ店などですでに遊んでいる物ですから、抵抗感がないもので多くの掛け金を投入する人も多数います。

入場する人が増えれば増えるほど利益も段々多くなり、収入が増えることで国に支払う所得税などが必然的に増えてくる構図になっています。企業からの収入が減少傾向にある各自治体には非常に魅力ある事業です。本場アメリカに

行って遊んでくる政治家や企業の役員などが毎年多額のお金を支払って帰ってくることもマスコミなどで取り上げられていますので、国内での開設に向けた議論が国会や経済界に広がっていますが、単に利益追求だけでなく、治安の維持、確保にも議論を広げてほしいと切に願っています。

関連ページ