加圧トレーニング 効果ナビTOP > 加圧トレーニングのメカニズム > 何故、加圧トレーニングで筋肉が育のでしょう!?(続き)

何故、加圧トレーニングで筋肉が育のでしょう!?(続き)について

 

前回の続きですが、こうして、血流の制限が行われた状態で、軽い筋肉トレーニングをすることで、筋肉には負荷が大きいトレーニングになります。それと変わらない刺激を与えます。

 

かなり不思議ですよね。(苦笑)
簡単に言い換えれば、血流を調整するだけで、筋肉が大きな負担を強いられていると勘違いするのですからね。(笑)
加圧トレーニングは、このような感じで筋肉トレーニングをします。

 

軽いウエイトでの運動になりますので、体の関節などを痛める心配もありません。良いでしょう。

 

関節には優しい運動で、そして、筋肉には大きな効果が見られるようになります。それが加圧トレーニングなのです。(笑顔)

 

では、加圧トレーニングをすることで、筋肉にはどのようなことが起こっているのでしょう!? 
また、直接的に筋肉にはどのような効果があるのでしょう!?

 

血液の流れが制限されたまま運動すると言うことは、疲労物質と呼ばれている「乳酸」が筋肉に蓄積されます。そして、トレーニングが終わってベルトを外すと普通の血流に戻ると言うことです。

 

この時、普段より、290倍の成長ホルモンが体内で分泌されると言われています。

 

成長ホルモンですが、存知のように、体が成長するために分泌されるホルモンになります。ですから、自然と出ているものでもあります。

 

成人の場合、二十歳をピークにして、だんだん分泌量が減っていくと言われています。

 

この加圧トレーニングで、一時的ではありますが、成長ホルモンが多く分泌されるという効果が期待できます。

 

筋肉大きくするのは、この成長ホルモンが関係してきますので、加圧トレーニングは短期間に沢山の成長ホルモンを分泌させます。そして筋肉を育てる効果があるのです。(笑顔)

 

加圧トレーニングのメカニズム記事一覧

何故、加圧トレーニングで筋肉が育つのでしょう!?

筋力トレーニングの方法は、一般的に言って色々ありますが、あなたは何かご存知ですか!?それとは全く違う筋トレの方法があります。それが、今話題になっている、加圧トレーニ...

何故、加圧トレーニングで筋肉が育のでしょう!?(続き)

前回の続きですが、こうして、血流の制限が行われた状態で、軽い筋肉トレーニングをすることで、筋肉には負荷が大きいトレーニングになります。それと変わらない刺激を与えます。かなり...

加圧トレーニングをするには自己流では効果がでない(1)

あなたは、加圧トレーニングをご存知ですか!?知っている方は、やってみたいと思っていることでしょう。(笑顔)あれほどメディアで取り上げられたのですから、興味が沸いてく...

加圧トレーニングは、自己流では効果が出ない!(2)

前回の続きになりますが、専用の加圧ベルトを使わずに、何かで代用できないかと考える人も多いことでしょうね。例えば、「自転車のチューブなどを使ったら良いのでは?」と、そのような...

加圧トレーニングと成長ホルモンの関係性

アンチエイジングの面から考えると、加圧トレーニングにはその効果があると言われています。前回でこのお話をしてきいました。前回で紹介したように、加圧トレーニングで、分泌される、...

加圧トレーニングと成長ホルモンの関係について(2)

前回の続きになりますが、ピークは以外と早い時期になります。なんと、20歳〜25歳ですと、その量が急に少なくなってしまいます。(汗)その後は加齢と共に、どんどん減っていく...