加圧トレーニング 効果ナビTOP > 加圧トレーニングのメカニズム > 何故、加圧トレーニングで筋肉が育つのでしょう!?

何故、加圧トレーニングで筋肉が育つのでしょう!?について

 

筋力トレーニングの方法は、一般的に言って色々ありますが、あなたは何かご存知ですか!?

 

それとは全く違う筋トレの方法があります。

 

それが、今話題になっている、加圧トレーニングです。

 

何よりも短期間で筋肉が育ってくれることが、この加圧トレーニングのポイントになります。

 

通常のトレーニングと違う点ですが、それほど重いウエイトトレーニングをしなくても良いことがあります。

 

普通は、筋肉を大きく育てるためにダンベルなどを持ち上げる、ウエイトトレーニングをします。

 

これが一般的です。

 

筋肉が育つに連れてかなりの重量があるものを持ち上げるなど、反復運動をして、筋肉に負担をかけ刺激を与えるトレーニングになります。通常のトレーニングですね。

 

それに比べて、加圧トレーニングでは、それよりずっと軽いものを使ってトレーニングをします。

 

昔からの常識ですと、筋肉を大きく育てるためには、重いものできついトレーニングをする必要がありました。

 

しかし、加圧トレーニングの場合は、逆に軽い負荷でも、それと同じくらいに筋肉に刺激を与えることが出来るのです。

 

それが加圧トレーニングの最大の特徴でもあります。(笑顔)

 

これを発明した人は、佐藤義昭氏と言う方です。本当にすごいですよね。

 

加圧トレーニングでは、重量のあるものを持ち上げるのと同じような効果を筋肉に与える、その秘訣がベルトにあります。

 

これを加圧ベルトと言います。これ巻くことで、軽い負荷でも同じような効果が得られます。それも、短期間に効果が期待できます。(笑顔)

 

四肢の根元などに、専用の加圧ベルトを巻くことで、血液の流れを少なくするように調整することができます。

 

普段、血液が何事もなく流れている部分に、ベルトで圧力を加えるので、その部分の血液の流れが悪くなります。

 

加圧トレーニングのメカニズム記事一覧

何故、加圧トレーニングで筋肉が育つのでしょう!?

筋力トレーニングの方法は、一般的に言って色々ありますが、あなたは何かご存知ですか!?それとは全く違う筋トレの方法があります。それが、今話題になっている、加圧トレーニ...

何故、加圧トレーニングで筋肉が育のでしょう!?(続き)

前回の続きですが、こうして、血流の制限が行われた状態で、軽い筋肉トレーニングをすることで、筋肉には負荷が大きいトレーニングになります。それと変わらない刺激を与えます。かなり...

加圧トレーニングをするには自己流では効果がでない(1)

あなたは、加圧トレーニングをご存知ですか!?知っている方は、やってみたいと思っていることでしょう。(笑顔)あれほどメディアで取り上げられたのですから、興味が沸いてく...

加圧トレーニングは、自己流では効果が出ない!(2)

前回の続きになりますが、専用の加圧ベルトを使わずに、何かで代用できないかと考える人も多いことでしょうね。例えば、「自転車のチューブなどを使ったら良いのでは?」と、そのような...

加圧トレーニングと成長ホルモンの関係性

アンチエイジングの面から考えると、加圧トレーニングにはその効果があると言われています。前回でこのお話をしてきいました。前回で紹介したように、加圧トレーニングで、分泌される、...

加圧トレーニングと成長ホルモンの関係について(2)

前回の続きになりますが、ピークは以外と早い時期になります。なんと、20歳〜25歳ですと、その量が急に少なくなってしまいます。(汗)その後は加齢と共に、どんどん減っていく...