あなたは、加圧トレーニングをご存知ですか!?

 

最近、注目されているトレーニング方法があります。また、ダイエット効果もあると言われてもいます。女性の間では話題になっているトレーニング方法です。それが「加圧トレーニング」です。

 

あなたは、加圧トレーニングをご存知ですか!?

 

今回は、この加圧トレーニングの発明について紹介します。

 

この加圧トレーニングですが、どのようにして開発されたトレーニングなのでしょう!? 知っていますか。

 

トレーニング方法ですが、体に圧力を加えます。それで、運動するという、今までにはなかった画期的な方法になります。これをどのように発明したのか、その歴史について説明しますね。

 

まず、加圧トレーニングの生みの親ですが、ボディービルダーを目指していた佐藤義昭氏と言う方が発明者になります。

 

実は加圧トレーニングを思いついたきっかけですが、とても意外な場面だったそうですよ。

 

彼が高校時代に、「正座をしていた際に、足がしびれた」と言うこと、これがきっかけだったそうですよ。

 

佐藤氏は、その時、法事に参加してお寺で正座をしていたそうです。

 

誰でも経験があると思いますが、長い間、正座をしていると足がしびれますよね。

 

これは、足を折り曲げた時間が長くて、血流が悪くなることから足がしびれるようになります。

 

これがヒントになったそうです。反対に足を揉み解すと血流がよくなること、また、圧迫すると血流が悪くなることを研究しました。

 

そして、その結果、加圧をすることで、筋力トレーニングに繋がるというアイデアがうまれたそうです。(笑)

 

その後、佐藤氏は改良を重ねます。それを試すべく自分流のトレーニングを続けていきます。

 

そして試行錯誤の結果、今の「加圧トレーニング」が生まれたそうです。

 

今の加圧トレーニングが確立するまで、だいぶ時間がかかったようですね。

 

アイデアが生まれてから、加圧トレーニングの完成までなんと!!40年ですよ。

 

今では、この加圧トレーニングが色々な分野で使われています。

 

スポーツや、ダイエットはもちろん、医療などにも活用されるようになりました。

 

このように色々な場所で効果を発揮しているのです。(笑顔)

 

加圧トレーニングの筋トレ効果について

 

あなたは、今筋トレをやっていますか?

 

筋トレと略して言う人が多いですよね。

 

本当は筋肉トレーニングと言います。ご存知ですか!?

 

筋肉をつけるには、現在、加圧トレーニングが有効であると言われています。その効果も実証されています。

 

加圧がなかったころは、ひたすら筋トレをするしかありませんでした。(汗)

 

昔は、よく筋トレを学校でもやっていましたよね。また部活でもやっていたと思います。

 

また、筋トレのマシーンなどを購入して、自宅でやっている人も多いのではないでしょうか。

 

プロのスポーツ選手になると、筋トレは毎日必須なものです。自宅で普通に行っているようですよ。それが仕事でもありますからね。

 

筋トレと言うと、誰もがやったことがある運動ではないでしょうか。筋肉を多くするには、この運動が一般的となっていました。

 

ですが、筋トレは、やれば筋肉が確実に付くというものでもないようで、またやり方を間違えると、効果が期待できません。くたびれもうけになってしまうこともあります。

 

筋トレと言うと、あなたはどんな運動を思い浮かびますか?

 

直ぐに思い浮かぶのは、一般的に、腕立て伏せ、それから、腹筋などでしょう。

 

しかし、女性が腕立て伏せをしようとしても、出来ない人が多いのではないかと思います。

 

筋肉がついていない状態で腕立て伏せをしようとしても、以外と出来ませんよね。(汗)
腕に力がないと、1回も腕立てができません。(涙)。

 

また、正しく腕立て伏せをしないと、筋肉がつきませんのでくたびれもうけになってしまいます。(汗)

 

やりなれない人は、腹筋運動についてもかなりつらいのではないかと思います。

 

筋肉がついてくれば、そのうち楽に出来るようになります。しかし、最初が辛いので諦めてしまう人もいます。(汗)
女性が筋トレを苦手な理由として、こうしたことが原因として挙げられます。

 

このようなことからみても加圧トレーニングは優れていると思います。